直通運賃ページタイトル

平成27年1月13日(火)よりハレカカード利用で、路面電車とバスの乗り換えがお得に

1, ハレカカード利用での「直通運賃」の実施致します。
2,「両備バス定期券」で「乗換指定電停」からの路面電車乗車が可能となります。
3,「岡電バス定期券」と「岡電路面電車定期券」の相互乗車区間を拡大します。

 (岡山駅〜天満屋〜岡山ふれあいセンター・三蟠南・新岡山港)

1, ハレカカード利用での「直通運賃」の実施 ※ 直通運賃とは下記

 以下の電停(乗換指定電停)・バス停(乗換指定バス停)間で路面電車と両備バス、または岡電バスを乗り継ぐ場合、乗換を含んだ乗車区間を全てバスに乗車したものとして運賃を計算します。
  (※ICOCA、PiTaPa利用時は対象外です)

  ・清輝橋電停と清輝橋バス停
  ・東山電停と東山バス停.東山電停前バス停
  ・小橋電停と小橋バス停
  ・門田屋敷電停と国清寺前バス停
  ・城下電停と城下バス停.美術館前

クリックで拡大します(PDF)

2, 「両備バス定期券」で「乗換指定電停」からの路面電車 乗車

 お持ちの定期券の区間に以下のバス停が含まれている場合、各バス停に対応する電停(乗換指定電停)から先は、路面電車もご利用いただけます。
  ・清輝橋バス停(乗換指定電停:清輝橋)
  ・東山バス停・東山電停前バス停(乗換指定電停:東山)
  ・小橋バス停(乗換指定電停:小橋)

クリックで拡大します(PDF)

3, 「岡電バス定期券」と「岡電路面電車定期券」の相互乗車区間を拡大

 岡電バスと路面電車が並んで運行している区間で、バスの定期券で路面電車が、路面電車の定期券でバスがご利用いただける「相互乗車」のエリアを拡大しました。(※岡山電気軌道発行の定期券(バス・電車)に限ります)

  相互乗車追加区間:路面電車…西大寺町〜門田屋敷
           岡電バス…西大寺町〜国清寺前

         クリックで拡大します(PDF)

「直通運賃」とは

 乗換を含んだ乗車区間を全てバスに乗車したものとして、次乗車の運賃をその差額とします。
 

 例 バス乗車)西大寺~岡山駅(両備バス:400円)区間を、

   東山で路面電車に乗り換える場合

 通常)520円
 西大寺〜東山(両備バス:380円)東山〜岡山駅前(岡電電車:140円)

 直通運賃適用で)400円
 往路)西大寺→東山(両備バス:380円)東山→岡山駅前(岡電電車:直通運賃20円)
 復路)岡山駅前→東山(岡電電車:140円)東山→西大寺(両備バス:直通運賃260円)

「直通運賃」が適用となる条件

岡電バス又は両備バスと岡山電気軌道路面電車 相互での乗換。
バスから電車、電車からバスへの直通運賃の適用は、当日限り(24時まで)。
乗換指定電停と(  )内の指定バス停での乗り換えだけに直通運賃を適用と致します。
乗換指定電停と指定バス停の組み合わせは以下の5箇所です。
(1) 清輝橋電停(清輝橋バス停)【岡電バス・両備バス】
(2) 東山電停(東山バス停・東山電停前バス停)【両備バス】
(3) 小橋電停(小橋バス停)【両備バス】
(4) 門田屋敷電停(国清寺前バス停)【岡電バス】
(5) 城下電停(城下・美術館前バス停)【岡電バス】
乗換指定電停より岡山駅前方面の区間のみで適用。

【ご利用時の注意事項】

◆ 路面電車の東山線と清輝橋線を、柳川電停で無料で乗り継げるサービスは、
  直通運賃適用時にはご利用いただけません。
◆ 路面電車にはバスとバス間で実施している乗継割引はございません。

以下の場合には、直通運賃は適用されません。
◆ 乗換指定電停以外の電停で乗り換えた場合。
◆ 乗車の際に、カードをタッチされず乗務員が手動操作で清算した場合。
  乗車時には必ずカードリーダーにタッチしてください。
◆ 1枚のハレカカードで、複数人の処理をした場合。
   (一人分のみ直通運賃が適用されます)

Copyright (c) OKAYAMA ELECTRIC TRAMWAY Co Ltd. All Rights Reserved.