Home電車岡電バス
ハレカ定期券概要ハレカ定期券ご利用方法

  ハレカ定期券の概要へもどる

Q1)ハレカ定期券とチャージの違いについて

A1)ハレカ定期券は、指定された区間を指定された期間利用できるものです。
チャージ(現金積み増し)とは、運賃として使う金額をハレカカードの中に入れておく事です。
 したがって、定期券にチャージしておけば、乗り越し等の精算金額はハレカカードから差し引かれます。
(ご注意)定期券の継続は、チャージでは出来ません。

Q2)ハレカ定期券利用時の「区間外」と「残額不足」の違いについて(車載機の表示)

A2)「区間外」とは、定期券で指定された区間を離れて降車又は乗車した事を示します。カード内にチャージ額の残額があればその中から精算が終了しています。
 「残額不足」とは、上記の場合でカード内にチャージが無く、精算をして頂かなければならないことをお知らせしています。また、定期券の期限が切れてチャージ残額のない場合にもお知らせします。

Q3)ハレカ定期券期限切れに関する表示について

A3)「有効期限があとわずかです」は5日前から表示します。「定期期限切れです」は7日間表示します。
 期限切れ後、窓口で定期券表示を消去することが可能です。 なお、定期券の継続購入の際も窓口にて継続手続きをさせて頂きます。お手数ですが、最寄りの窓口にお申し込み下さい。

Q4)ハレカ定期券での乗車範囲について

A4)定期券券面の乗車場所と降車場所以外に、途中の停留所でも乗降出来ます。詳しくお知りになりたい場合には、窓口にて「顧客情報照会票」(無料)をご請求ください。

Q5)他社区間での乗車について

A5)53号線中鉄バスで当社との共通区間については、ご利用頂けますが、両備バス、下電バス各社に関しましてはお買い求めの会社にお問い合わせ下さい。

Q6)環境定期券制度の取り扱いについて

A6)指定の日に、環境定期券制度のご利用が出来ます。また、車載機に「環境定期券」の表示が出ましたら。所定の額を現金にてお支払い下さい。なお、一定の運賃額以下の場合、ハレカカード内にチャージ残額があればそこから、差し引かれます。

Q7)ハレカ定期券の払い戻し場所について

A7)岡電直営の販売窓口でお願いいたします。 (岡南営業所(本社)・津高営業所・岡電観光センター・駅案内所)

Q8)ハレカ定期券での複数人のお取り扱いについて

A8)ハレカ定期券では、チャージ額がカード内にあっても、お取り扱い出来ません。申し訳ありませんが、現金または他のカードでお支払いください。

Q9)特別割引について

A9)特別割引のハレカ定期券をご購入の際、手帳の提示をお願いしております。また、特別割引用のハレカカード(前払い券)の設定はございません。
 なお、ご面倒でも、ご使用の際は乗務員に手帳をお見せ下さい。
(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳)

(お願い)カードは大切にお使い下さい。

ハレカカードは折り曲げたりしないようにお願いします。内蔵された部品が壊れ、カード内のデータが読み取れなくなる恐れがございます。

  Copyright (c) 2008-2009 OKAYAMA ELECTRIC TRAMWAY Co Ltd. All Rights Reserved.